バ科学者のノート 2冊目

小説をただひたすらに書いていく

文章特訓SS 情景描写編

つと、流し込む紅茶の味が甘い。立ち上る湯気は窓の外に散る正反対の存在と同じ色をしている。
「遠くからご苦労だったね。疲れていないかい」
「奉仕対象の命令です。そこに疲れは関係ありません」
俺の返事に夢岡氏は困ったように首を振った。「これではまるでロボットだ」と付け加えながら。
夢岡輝尾。音無家の奉仕対象の一人にして協力者。探偵にして異能力者。探偵業と異能力者管理施設の施設長を同時に務める、頭のいい人だ。月に一度、地方にいる職員から報告書を受け取る際に我々を呼び、チェックの手伝いを任せる。本当なら寺洲おじさんの仕事だったのだが、彼が原稿に追われているそうなので代わりに足を伸ばした次第だ。
「しかし、寺洲さんもそうだけど、君が来ると安心するね」
「それは、外見に生じる変則的な見解が生まれずに済むから、ですか」
「そう。僕の眼を見て怖がらないのは君くらいさ」
 夢岡氏の眼は特殊だ。曰く、その目で見つめられたものは嘘をつけなくなる、と。ところが俺がその目を見たところで怖くもなかったし、そもそも秘密はあれど嘘はあまりつかない自分には相性が悪かった。これを夢岡氏は大変気に入ったのである。
「もうすぐ職員が来るから準備をしておいてくれないかな。今日は風浜君が買い出しに出ていてね」
「分かりました」
白を基調とするすっきりとした明るい空間。事務所らしい空間といえる。窓から入り込む青空は綺麗なのだが、生憎今、空は灰色だ。
「それから少しお話をしよう。君の調子も見ておきたい」
夢岡氏はにこにこと笑ったまま資料を整頓しだす。俺は一言返事をすると、応接ソファから立ち上がった。
「……雪、止みませんね」
「君の今の住まいでは珍しくないと聞いたけれど」
雪は嫌いではないが、好きでもない。極寒を閉じ込めた結晶が降る空は、何故か我慢している時より暖かいから。

31 風紀委員の憂鬱

人は規律なしでは生きていけない。
五月雨の持論だ。しかし、人は自分を守るはずの規律に背きたがる。
「……」
休憩室に立ち寄り、エナジードリンクを喉に流し込む。刺激が口を通って喉を襲うが、胃に落ちたそれにもはや反抗思想はない。

 

先ほど出会った生徒を思い出す。
水城雲外。もう幾度となく注意したにも関わらずスカートの下にジャージを穿くのをやめない。言葉遣いも悪く、従う気は皆無。
陣内朝霧。登校免除だか知らないが校内ではたまにしか見かけない。やはり口が悪く、高圧的な態度をとる。
そして、遠賀川暁。正式に許可は得ているが、あの耳当てを音楽用と勘違いした生徒がヘッドホンをつけだす始末。

 

気に入らない。彼は缶をゴミ箱に捨てると休憩室を出た。
もうすぐ部活の時間である。そして、五月雨にとっては体を鍛える時間であり、規律を徹底して守らせる時間でもあった。

 

正義こそ正しく執行されるべきなのだ。
悪はいらない。罪はいらない。甘えはいらない。
それが、すがるべき自分の信念になっていた。

 

彼の周りには、不穏な凶器が回っていた。

文章特訓SS 戦闘描写編

振り抜かれた細い十字架の間を潜り抜け、腕を伸ばす。だがそれより速く横から蹴りが飛んできた。ガードする余裕はあった。威力もさほどない。最初から当たらないつもりの蹴りだったのだろう。
「流石、絵空」
「……」
回転して振り下ろされた十字架をかわし、一度距離を置く。
みぞれの戦闘スタイルを、俺はまだ熟知しているわけではない。というか、カゲとやり合うときは大体発狂しているので、冷静な手を見る機会が少ないのだ。本当のみぞれなら体より先に頭が回る。そう、例えば、
「ちょっとだけハンデ貰っていい?」
指を鳴らしたみぞれの上空に現れる幾つもの十字架。
そう、例えば、こんな風に。
「魔法を使うのは反則じゃないのか?」
素手でやり合ったところで、音無家次期棟梁に勝てるわけないじゃないか」
振り下ろされた腕に従うように、十字架が降ってくる。素早く切り返しながらみぞれとの間合いを詰めると、ジャブ、ジャブ、ストレート。
十字架で拳をはじくと、みぞれは低い位置にそれを持ってきて回す。飛び上がってかわしたが、強い風が下方から襲い掛かり、大きく吹き飛ばされた。
「重っ……!」
みぞれの口が動く。筋力が足りないんじゃないのか。魔法に筋力が関係してるかは分からないが。
地面に突き刺さった十字架をあてに着地すると、そのうちの一本を引き抜いて再び間を詰めた。剣のように競り合う二本の十字架。神が怒る? 俺はとうに地獄送りなのだ。
「このっ!」
みぞれの手にぶれが見えた。横から襲い掛かる十字架に、俺はあえて力いっぱい十字架を下から掬い上げるように打ち付けた。
舞い上がる二本の十字架。みぞれは素早く地にささった十字架を引き抜く。
宙の十字架が落ちた時、俺たち二人は静止していた。俺は額に切っ先を向けられ。みぞれは俺に肩口を掴まれ。
「……あーあ。また負けちゃった」
みぞれは十字架を捨てた。周りの十字架が皆光となって消えていく。コンマ数秒の世界だったが、俺の手がみぞれより速かったのは互いに分かっていた。
「もう、手加減してよね、鬼!」
「手加減しては特訓の意味がないだろう」
俺は踵を返して歩き出す。後ろからついてくるみぞれはすぐに機嫌を直した。
今日のホットミルクは、特別甘くなりそうだ。

30 校則は守りましょう

「やぁ、水城君、千鳥君」
「陣内!?」
久しぶりの朝霧の登場に驚く二人。暁から仲間になると説明があると更に驚いた。

 

「どういう風の吹き回しだ?」
「なぁに、単純なことさ、この裏にはびこる野望に抗う小さな力に、知恵を貸し与えたいだけなのだ」
嘘だな。暁には聞こえていた。
朝霧が向けている感情は「好奇心」。大方、裏で行われているらしい野望にどう抗うかを高みの見物したいだけなのだろう。
「陣内、分かってるだろうな」
念のために釘を刺すと、朝霧はこちらにいたずらっぽい笑みを見せた。
「勿論だとも。私は嘘はつかない」

 

「水城雲外!」
廊下を歩いてると、そんな声が響いた。先頭にいた雲外の肩が跳ね上がる。
「貴様、いい加減制服の乱れをなおさんか!」
「うげぇ、水巻じゃねぇか!」

 

水巻五月雨。暁もよく知る堅物だ。風紀委員次期委員長であり、校則を破るものを頑として許さない。
五月雨は暁、虚空、朝霧と順番に顔を見やった。そして、ため息を一つ。
「これだけいるにも関わらず半数が校則違反とは、嘆かわしいとは思わんのか」
「四人しかいねぇだろ」
「黙れ、水城雲外。貴様は論外だ」
「なっ!」

 

「陣内朝霧。久しぶりに来たと思ったが貴様、勉学の方は進んでいるんだろうな?」
「凡人の君に言われたくないね。天才の私は頭(ココ)の造りが違うのだよ」
「ならば普通のネクタイを付けて行くのは止めろ。女子はリボンと校則で決まっている」
「忘れていた。凡人より頭が固かったな、君」
今にも火花が飛び散りそうな二人を見ながら、虚空は暁の陰に隠れる。

 

「水城雲外。いい加減その態度を改めたまえ」
「……やだね。スカート履いているだけ褒めるべきところじゃねぇのか、そこは」
五月雨は大きく息を吐き、すれ違うように立ち去った。
目線は明らかに、暁のヘッドホンを見ていた。

12 読書好きの知識欲

乙哉は部屋を巡って隊士たちに挨拶をかわす

堅苦しいのは苦手ではないが、どうせ付き合うなら明るくいきたいとは乙哉の言うところである

「……ん? アケミちゃん?」

乙哉は部屋の前でうろうろしているカワウチを見つけた。カワウチもこちらに気づいて寄って来る。

 

「乙哉さん、斎藤さんと立花さんがまだ帰ってこなくって」

視線をあげると、確かにそこは斎藤と立花の部屋だ

「あてはあるかい、アケミちゃん」

「今日は外に出ていないはずっす。あてがあると言えば、ひとつ」

 

カワウチの進言により地下の書物庫に足を踏み入れる乙哉

僅かに灯る明かりだけを頼りに、埃っぽい道を進む

「毎日掃除をしていても、結構埃がたまるものだね……。広い書物庫だなぁ」

この屋敷を石川が借り入れた時点で、地下の書物庫には相当量の書物があった。それが利用していくうちにさらに増えた次第である

 

やがてその姿を見つけた乙哉は手を振った

「斎藤さん、立花さん」

斎藤と立花は本から目を離し、乙哉を見た

「乙哉様。現在、何時ですか」

「もうすぐ夕食だよ」

「ありがとうございます。いきましょう、りか」

「承知いたしました」

 

「ねぇ、斎藤さんと立花さんって、いつも二人で一つだよね」

廊下を歩きながら乙哉は笑いかける。斎藤と立花は表情を変えないまま答える

「かつての街は学習機構に優れていたため、頭のいい方々が自然と集まります。そのうちの一つで、私とりかは出会いました」

「後に私たちはふたりとも忌み子であると知り意気投合。常に二人で行動するようになります」

「ですが、街の人間にばれて、いけにえと銘打って街を追い出された次第です」

「まさか、また勉強ができるとは思いませんでした」

 

乙哉は思い出す、二人の「暗示」を。

「勉強が好きなのは、必然だったかもしれないね」

「あの書庫の知識を、全て自分のものにできればいいのですが」

「うるはに同意します」

「恐ろしいことを言うなぁ」

乙哉は苦笑した

そして決めた。彼女たちのためにも、どんどん勉強させてあげようと

11 魔性の瞳

放たれた鎖をいなし、浩太は前に出て華村を翻弄する

武器をもっていない浩太だったが、その実力は華村を大きく上回っていた

歴戦の手のひらに残るは数多の戦でついた傷。それを握り締めて放つ拳は伊達酔狂の威力ではない

 

鎖をふるって距離をおく華村

浩太はあえて後を追わず、距離を測る

「華村君、怖がらなくていい。君の実力を見たいんだ」

「でも、浩太さんが」

 

「君はこのままでいいのかい?」

その言葉が華村に刺さった

「吸血鬼と呼ばれ、誤解され、愛を知らないまま。君はそれでいいのかい?」

 

どれだけ素行が良くても、噂一つで、肩書一つで崩れる日常

「……いや、です」

僕のどこが悪かったんだ? 誰か教えてくれよ

「もう、一人は、いやです」

辛い、苦しい、怖い。その感情を共有できれば

「浩太さん」

どれだけ楽だったか

 

「『僕を見て』ください!!」

 

赤く腫れあがった銀の眼が、浩太を射抜く

浩太は一瞬その眼に見とれ、動きを止めた

攻めるなら今しかない。華村は分かっていた

しかし、攻めることなく華村は地面に膝をついた

 

「……華村君、分かったよ」

解放された浩太は、俯瞰的に自分の状態を見ていた

今、何が起こったか。どうしてそんなことが起こったか

華村は

 

「華村君、君の力は、恐らく「眼」だ」

「眼、ですか?」

「むやみやたらに魅力を振りまいているわけではない。集中して見た相手を釘づけにして一時的に操る能力だ。今はまだごくわずかだけど、鍛えれば役に立つ」

「そう、ですか」

 

華村は笑わなかった。笑えなかった

やはり自分の力は、人を操ってしまうものだと分かったから

「……浩太さんは、怖くないんですか」

「何が、かな」

「自分の自由が奪われることが。奪っていたはずが奪われていたことが」

 

思い起こす、故郷での差別

何もしていなかったのに、吸血鬼と呼ばれ、それでも人を「操って」きた自分

鎖鎌を取り落とす。ぼろぼろと涙を流す

こんなの、僕の望んだことじゃないのに

 

「そうならないために、僕らがいるんだ」

浩太は華村を引き上げて抱き寄せた

「大丈夫。これから考えればいい。君の道を君自身で選べるように。そのために、僕らはいる」

「浩太、さんっ……」

 

華村は声を押し殺して泣いた

浩太は思った。泣き虫な銀髪の男、まるで自分の愛する弟のようだ、と

【スーツ武器オフ会】「強さ」の先に【タイローン編】

ぐしゃぐしゃの赤髪、色の落ちた鋭い歯、変色した指の先

それでもここに来るノイジー兄さんは微笑みながら言ってくれた

「そんな君も大好きだよ」

元来兄弟が大好きだったノイジー兄さんから出る偽りのない言葉

それでも、俺には苦しかった

 

ガスマスクと手袋であらゆるものを規制して送る生活

苦しくないと言えばうそになる。けれど、これが正しいと分かっていた

この正義は、ディクライアン兄さんも分かってくれるだろうか

 

俺に、兄貴たちを守る力があれば

何度後悔したか分からない。この力を扱う答えが欲しい

だから、俺は思わず訊いてしまうのだ

答えなんて無いと分かっていても。それが純然たる「間違い」であっても

 

「……「強さ」って、なんだ?」